図形や画像を使ってメッセージカードを作る/Word

アイキャッチ_メッセージカード
目次

Wordで作るメッセージカードいろいろ

Wordでタイプの違うメッセージカードを作ります。
ここでは、3パターンの作り方を紹介します。
1.画像に半透明の図形をのせる簡単なメッセージカード

画像のメッセージカード

2.図形を組み合わせたメッセージカード

図形のメッセージカード

3.図形と画像を組み合わせたメッセージカード

図形と画像のメッセージカード

Wordでもいろんなカードが作れるんだ!

画像に半透明の図形をのせる簡単なメッセージカード

画像のメッセージカード

画像の上に半透明な図形をのせるだけで簡単なメッセージカードができます。
画像を替えたり、透明度を変えると違った印象になります。

最初に任意の画像を挿入します。
画像の挿入と移動については以下の記事をご覧ください。

ここで使用したフリー素材は以下です。

次に、画像の上に図形を描きます。

図形の挿入

画像の上に長方形を描きます。

[挿入]タブ-「図」グループ[図形の作成]ボタンから「四角形」グループ一番左の「正方形/長方形」をクリックします。

図形の挿入ボタン

画像上の描きたい箇所の左上から右下に向かってドラッグします。
図形は青で描かれます。(後で変更します)

図形を描く

図形がうまく中央にのらないよ!

大丈夫です。今から位置を調整していきます。

図形の位置を揃える

揃えたいオブジェクト2つを選択します。
ここでは青い長方形と、背景画像になります。

2つ目は≪ Shift + クリック ≫で選択だね!

※画像の「文字列の折り返し」が図形と同じ「前面」になっていないと一緒に選択できません。
変更がわからない場合は以下の記事に進んでください。

[描画ツール:図形の書式]タブ、もしくは[図ツール:図の形式]タブの「配置」グループにある[配置]ボタンから、どこを基準にして揃えるのかを確認します。

※[描画ツール:図形の書式]タブは図形選択時に出てきます。
※[図ツール:図の形式]タブは画像選択時に出てきます。

ここでは背景画像と長方形の2つを揃えたいので「選択したオブジェクトを揃える」にチェックを入れます。
(クリックする度に一旦閉じてしまいます)
※「選択したオブジェクトを揃える」は2つ以上のオブジェクトを選択しないとクリックできません。

配置ボタン

次に「左右中央揃え」を選択します。(クリックすると一旦閉じます)
もう一度開き、次は「上下中央揃え」を選択します。
これで長方形は画像の中央に配置されます。

図形に透明度を設定する

青の長方形を白にして、さらに透明度を設定していきます。
青の長方形を選択し[描画ツール:図形の書式]タブ-「図形のスタイル」グループ右端の小さな矢印を押します。

描画ツール図形の書式タブ

「図形の書式設定」作業ウィンドウが表示されます。
バケツのマーク「塗りつぶしと線」から、「塗りつぶし(単色)」を選択し、色は「」、透明度は「25%」に設定します。
※透明度は「100%」で完全な透明になります。好みに合わせて調整してください。
線は「線なし」を選択します。

図形の書式設定作業ウィンドウ

これで完成です。

画像のメッセージカード

図形を組み合わせたメッセージカード

図形のメッセージカード

外枠を作る

まずは外枠となる長方形を描きます。
上記のやり方で長方形を描きます。青く塗られた長方形が描かれます。

青の長方形を選択し[描画ツール:図形の書式]タブ-「図形のスタイル」グループから
①「図形の塗りつぶし」の「塗りつぶしなし」をクリックします。(中が透明になります)
②「図形の枠線」から色を指定します。(ここでは「青、アクセント5、基本色+黒50%」を選択)
「太さ」は「3pt」を選択します。

図形の線と塗りつぶしの設定

四角形を三角形に変換する「頂点の編集」

次に、右上に長方形を描きます。

右上に長方形を描く

この長方形の頂点を減らして三角形にしていきます。

右上の長方形を選択し[描画ツール:図形の書式]タブ-「図形の挿入」グループから「図形の編集」の「頂点の編集」をクリックします。

頂点の編集ボタン

黒いポイントが表示されます。
長方形左下のポイントを≪ Ctrl + クリック ≫します。
ポイントが消えて三角形になります。

ポイント削除

不要なポイントは≪ Ctrl + クリック ≫で消せるよ

三角形になった図形の色を変えていきます。
「図形の塗りつぶし」を「青、アクセント5、基本色+黒50%」に、
「図形の枠線」は「枠線なし」にします。

図形の塗りつぶしと枠線

できあがりました。

図形編集後

もう一つ三角形を重ねていきます。
上記のやり方でまた一つ追加してもいいのですが、ここではコピーで作るやり方を紹介します。

図形のコピー

図形のコピー
① 図形をクリックしハンドルが出たらマウスを離す。
② ≪ Ctrl ≫を押してから(押したまま)図形をクリックして動かす。
 ※≪ Shift ≫を同時に押すと水平や垂直にコピーが移動します。
③ マウスを離してから≪ Ctrl ≫や≪ Shift ≫を離す。

図形のコピー

コピーした三角形のハンドルを動かして形を変えます。
位置も調整していきます。

図形を変形させる

後で作った三角形の色を変え、さらに透明度を設定していきます。
図形を選択し[描画ツール:図形の書式]タブ-「図形のスタイル」グループ右端の小さな矢印を押します。

描画ツール図形の書式タブ

「図形の書式設定」作業ウィンドウが表示されます。
バケツのマーク「塗りつぶしと線」から、「塗りつぶし(単色)」を選択し、色は「青、アクセント5、基本色+白60%」、透明度を「25%」に設定します。
※透明度は「100%」で完全な透明になります。好みに合わせて調整してください。

図形の書式設定
透明度をつけた図形

外枠とぴったり合わないよ!

最後に外枠を最前面に移動させるので多少合わなくても大丈夫です。

図形のグループ化

三角形2つを反対のコーナーにコピーしていきます。
グループ化しておくと扱いやすくなります。

三角形2つを選択します。

2つ目は≪ Shift + クリック ≫で選択だよ!

[描画ツール:図形の書式]タブ-「配置」グループの[グループ化]ボタンから「グループ化」をクリックします。
※2つ以上選択していないとグループ化ボタンはクリックできません。

グループ化ボタン

グループ化した図形を左下へコピーします。

図形をコピー

図形の回転

コピーした図形を180度回転させます。

回転の方法は様々です。好きな方法で回転させましょう。
A)「回転」ボタンを使う
B) 角度を入れる
C) 回転ハンドルを使う

A)[描画ツール:図形の書式]タブ-「配置」グループの[回転]ボタンから「右へ90度回転」をクリックし、もう一度クリックします。(合わせて180度回転になります)
B)[描画ツール:図形の書式]タブ-「配置」グループの[回転]ボタンから「その他の回転オプション」をクリックし、レイアウトダイアログボックスのサイズタブから回転角度ボックスに「180」と入力します。

回転ボタン

C) 図形を選択した時に表示される回転ハンドルでドラッグします。
※ ≪ Shift ≫を押しながら回転すると15度単位で回転します。

回転ハンドルで回転

サイズを小さくし、左下に配置します。

左下に縮小配置

最後は、きれいに見えるように外枠部分を最前面にします。
外枠の長方形を選択し、[描画ツール:図形の書式]タブ-「配置」グループの[前面へ移動]ボタンから「最前面へ移動」をクリックしまず。

最前面へ移動

完成しました。
色を変えると雰囲気も変わります。

図形のメッセージカード

図形と画像を組み合わせたメッセージカード

図形と画像のメッセージカード

ここで使っているのは、三角形2つ・枠線だけの長方形・画像 です。

使いたい画像を用意します。
今回使用したフリー素材はこちらです。
※このフリー素材の下半分は白いイラストなので色のある図形の上に配置しないと見えません。

画像をダウンロードする時は、「PNG形式」のものにしましょう。

よく聞く「JPG形式」とは違うよ!

JPG形式」は透明情報が保持できないため、透明に見える部分には白の背景色がついています。
PNG形式」は透明情報を保持して保存できるため、背景なしの状態で配置できます。
ただし、透明加工をしていない画像の場合は「PNG形式」でも背景に白がつきます。
ダウンロードする時は作者のコメントも確認しておくと安心です。

JPG形式とPNG形式

背景がついていた場合でも背景を削除する方法もあります。
背景の削除についてはこちらをご覧ください。

画像挿入後は自由に動かせるように「文字列の折り返し」を「前面」にしておきましょう。

文字列の折り返し「前面」

文字列の折り返しについて詳しくは以下の記事をご覧ください。

画像のトリミング

画像の必要な部分だけ切り抜きするには「トリミング」ボタンを使います。
[図ツール:図の形式]タブの「サイズ」グループにある[トリミング]ボタンをクリックします。

トリミングボタン

黒い線状のハンドルにマウスポインタを合わせて切り抜きたいところを残すように動かします。

白くて丸いハンドルはサイズや縦横比を変えてしまうので注意!

トリミング

ちょうどよい範囲を作ったら、画像の外側でクリックするとトリミングが完成します。
「トリミング」ボタンを押すと、何度でも切り抜きの調整ができます。

コピーを作ったり」、「回転したり」、「グループ化」して好きなデザインを作りましょう。
(青い文字をクリックすると上の記事ににジャンプします。)

※このフリー素材の下半分は白いイラストなので色のある図形の上に配置しないと見えません。
ここでは、以下のように編集しました。

トリミングして編集

図形を配置する

3つの図形を描き均等に配置します。

図形の配置完成
図形完成図

最初に、薄い枠線の長方形を描きます。

長方形を描きます。(青の塗りと線がつきます)
長方形を選択し[描画ツール:図形の書式]タブ-「図形のスタイル」グループから
「図形の塗りつぶし」を「塗りつぶしなし」に、
「図形の枠線」は「青、アクセント5、基本色+白80%」、幅を「2.25pt」に設定します。

枠線の設定
枠線だけの長方形

次に三角形を2つ配置します。

(青の文字をクリックすると上記記事にジャンプします)
① 上記 四角形を三角形に変換する「頂点の編集」のやり方で長方形を描き三角形にします。
② 上記 図形のコピー のやり方でコピーを作ります。
③ 上記 図形の回転 のやり方で回転し、左下へ配置します。
④ 上記 図形の位置を揃える のやり方で3つの図形の配置を揃えます。
ここでは「左右に整列」と「上下に整列」をクリックします。

配置の設定
3つの図形を配置

薄い枠線が下になっちゃった!

後から描くほうが上になるので順番の入れ替えをします。
枠線だけの長方形を選択し、[描画ツール:図形の書式]タブ-「配置」グループの[前面へ移動]ボタンから「最前面へ移動」をクリックしまず。

最前面へ移動

完成しました。

図形の配置完成

上で作った画像を配置していきます。
必要があれば順番も入れ替えましょう。
入れ替えには「オブジェクトの選択と表示」を使うと便利です。

オブジェクトの選択と表示

画像やイラストの重ね順を確認したり移動するには「オブジェクトの選択と表示」が便利です。
[描画ツール:図形の書式]タブ-「配置」グループの「オブジェクトの選択と表示」をクリックしまず。

オブジェクトの選択と表示ボタン

「選択」作業ウィンドウが表示されます。
(図形の名前はわかりやすいものに変更しています。)
クリックすると図形が選択された状態になります。
上に表示されるほど前面に配置されています。ドラッグすれば入れ替えも簡単にできます。

選択ウィンドウ

これで完成しました。

メッセージカード完成
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる